通勤途中に、大手たこ焼きチェーン店が、出来た。原チャリ通勤なので・・・・。
男の人が一人待っていて、ほかに女の人ふたり連れがウロウロしていた。
「モダン焼き,ないよね!」とか言っていた。男の人のうしろに並んで まっていた。
あたしの番がきて、注文しようとすると
店員さんが、「並んでください」て、言うてきた。
「並んでいます。」て言うたら、「後ろの人が先です」て言われた後ろを見ると先の二人連れの女の人やった。
「あたしの方が 先です。」て言うたら、店員さんは、無言やった。
それで、「どうぞ!!」て言うて女の人二人に、譲った。
来てたんは 先かもしれんけど、並んでなかったやん・・・・・。
そのまま、ちょっと後ろに 並んでいたけど、(おかしんちゃうん?・・・・)て
納得いかないから、 そのまま帰った。
二度と 
その店には、、、、行かない。
a0335043_18552743.jpg

# by rin0122usa | 2015-01-21 19:17 | Comments(0)

打撲した。

しかも、いつこうなったかか・・・・・記憶にない(笑)酔っ払いではありません。
a0335043_19562723.jpg

# by rin0122usa | 2015-01-20 20:01 | Comments(0)

ヤマザキすき焼きまん

ヤマザキ すきやきまん初めて食べました。
期待は、、、大、、、、、、、、でもなあ、、、、。
すき焼きというのは、お肉がやはりメイン。お肉が、肉まんみたいにミンチ状、、、、、
これ、あかんと思う。すき焼きのお肉は5×3センチくらいはあらな、あかんて思う(´-`).。oO()。
う~ん残念賞やな、、、、、、。1袋400円弱やった
業務スーパーの冷凍 お肉のライスバーガーのほうがいい感じ、、、、
「ライス」と「にくまん」は、違うけど。。。。。
a0335043_19164166.jpg
a0335043_19133546.jpg

# by rin0122usa | 2015-01-19 19:32 | Comments(0)

どちら様ですか?

職場でNHKラジオ すっぴんを聞いている。
「テーマ」は、再会だった。
お聞きになった方も いるかと思う。
男性が、付き合っていた女性に別れを 告げた。でも、別れたことを 後悔していた。
ある日、その女性に遭った。こちらは独り、彼女も独りのシチュエーションだった。
出来るなら、もう一度お付き合いをと思い 声を掛けた。
すると、彼女は、こう訊いてきた。

「どちら様ですか?」



うん。うん。




a0335043_19000109.jpg

# by rin0122usa | 2015-01-18 19:19 | Comments(0)

親より先に逝ってしまった弟、、、、
思い出すのは、
「あやこさん、早く来て」
弟の嫁から電話が、あった。駆けつけると弟の家には警察官がいた。弟が病院に運ばれていると いう。
クローゼットに紐をかけ、自殺。
母の借金の保証人になり、母が返済を滞らせた。
弟の給料を差し押さえると 公証役場から、手紙が来て、母・あたし・弟の三人で話し合いをした次の日のことだった。
その話し合いの時にあたしが渡したビールと母が渡したタバコをのんで 紐に掛かった、、、、
嫁は、フィリピン人で、英語での遺書があった。
「10年間幸せな結婚生活だった。残りの生活を幸せに暮らすように、、、」
確か そんな内容だったと思う。
日本語の、あたしと母宛の遺書は、なかった。
あたしも病院に行きたかったが、誰もいないから、警察は、あたしに家に居てくれと言った。
ごご6時に、病院から電話があった。
「ご臨終ですが、お嫁さんが、助けてくれと言ってきかない。午後6時死亡です。」
「わかりました。」と答えた。
母は、借金とりから身を隠すため、あたしの家に身を寄せていた。
嫁とお葬式の相談をして、家に帰った。

弟は、営業職で東京にいるとき、自分の担当会社が倒産し、その倒産を当日まで察知出来ず自社に多大な損害をこうむらせ、その責任感から
躁うつ病にかかってしまっていた。
うつの時に、公証役場から、手紙が来て将来を悲観した。

家に帰って、、、、、母に弟が亡くなった事を言わなかった。
3人の子供たちには「たかしおっちゃんが亡くなった。おばあちゃんには言わないで欲しい。お母さんから、言うから、、、」
何日か過ぎた。
子供のお葬式に親が出席しないという事が、あるだろうか、、、、。
母に言わなければ いけない。

「おかあちゃんに、話があるねん。」
「怖い話か・・・・?」
「いいや、悲しい話や、、、、」
母に、そう言うと、涙がぽろぽろと頬を伝った。
「死んだんやな、、、」
母は、そう言って自分の頭をぽかぽか叩いた。
「おかあちゃんが、殺した。」母がそう言った。
あたしは、「たかしは、心の病気やったんや、、、、」
そう言うしかなかった。
でも自分の気持ちは、自分が一番よく知っていた。


母が亡くなるまで、母を心の中で許していなかった。

でも、親だから、そうは言えなかった。
さらに、負い目を負わす事は、出来無かった。
母を許していない自分が いる事、、、、それを自分の全宇宙を支配した。


母が亡くなって   その呪縛から、
解き放された。

おかあちゃん、、、、、、、、、ごめんな、、、、、、、。



a0335043_23065202.jpg

# by rin0122usa | 2015-01-18 00:18 | Comments(0)