きれた!

仕事中に、またFさんが 遊びだした。

タブレットで遊び、それを入れる箱を作りだした。

遊んでいるうちは、まあ我慢していたけど、

箱を作り出して、あたしの「怒り」が頂点に達した。!

「仕事中に、何してんの?」

顔も怒りに、多分震えていたと思う。

「いぬいさんも箱詰めしてる最中に、茶碗洗いに行ったりしてるやんか?
  お茶くみに会社に来ているんか?」

「箱詰めは、男2人で できるやろう?
 お茶くみが仕事すべてでは ないけど、お茶くむのも、仕事やと思ってる」

「お茶碗洗うタイミングが、気にくわないなら・・・、その時にちゃんとそう言うてや!?」

「わかった!次から そうしよう!」

お互い そう、言うことにした。 
なんでも、
おかしいって思った時に、ほんとのことを言いあおう!

でもあたし、容赦は しないよ!

遊んでたら 許さないよ!

うちの上司にも、言うた!

「あんたが、注意しないから、野ばらしになるねん!
 ちゃんと、注意して~や!」

「俺が言うたら、Fさん 辞めるで!」
それは、仕方ないやん・・・・辞めなければならないようなことを、自分がしてるやん!
「おれは、毎日毎日、我慢してる・・・・いぬいさんもう、頭が爆発したんやろ?
その気持ち、よく解かる!。俺も我慢してる。仕事の鉄打ちも、そのストレス解消になってるよ!」

しばらくして、常務が来た。
「お話が、あります」
と言うて、一部始終を話した。

「そういう事は、自分で言わないほうがいいよ!
  工場長から、言って貰いなさい!」

う~ん  それだけかい?

自分から、注意しないのかい?

ぬるま湯な会社やな・・・・!

そのあと、3人で仕事した。

あたしは、Fさんに、普通に仕事の話を した。

Fさんも普通に、返答してきた。

帰りに、Fさんは、あたしに、Fさんのお昼の食べなかった「お弁当持って帰り!」と言ってきた。

あたしも、「ありがとう!」と言ってもらった。

いさかいは、したくない!

ただ、ちゃんと仕事をしてくれれば、いいだけや!
a0335043_19192585.jpg


by rin0122usa | 2015-07-17 19:19 | Comments(0)