この土曜日に 常務と...

この土曜日に 常務と次期社長が退職した。
事務方を一手に 引き受けていた常務が退職し
今年末には、社長が退職する。
次に社長になる人も決まっていなく、、、
社長のいない会社なんて、有り得るのだろうか、
親会社の人が7〜8人位、会社の事務所に
在籍してきて、
「中西鉄工所」でありながら、「中西鉄工所」ではない。
倒産するかも しれない、、、、。
現社長が、親会社に「社長」の擁立を依頼したが、今いる親会社の人は、その依頼を断ったという。
あたし、来年1月定年なんですけど、、、、。
思いきって
7月退職を申し出て、
「退職」を本気で 考えたが
思いとどまった。
去年の9月に 機械課に転課になり、
機械の事はさっぱり解らず、、
悪戦苦闘で、
最近やっと
機械の電源を切ったあと 機械を復帰させる
原点復帰の操作の仕方を3台
覚えた❗
なかなか、情けない❗😫
原材料や半完成材料を
機械にかけて
製品にしていくのだが
簡単なものなら、
出来るようになった。
しかし、もともとこの機械課が
好きでなく、
今迄 在職したことの方が、
不思議で、
来年「定年」を目前にして、
本当に自分のやりたいことを
やりたいと日増しに気持ちは
そっちに傾き、
退職を申し出たが、
会社事態が、存在危うく、
どうするのが 一番ベストなのかも
ますます「霧の中」で、
嫌いな機械課が、常務・次期社長の退職で
またあたしの他課移動になる模様で
手作業の製品制作の方に回るように
なる事になった。
右手は、首のヘルニアで
手のひらがしびれ、毎日整形外科通いで
どうなるかと思ったが
最近 手のひらのしびれが軽減し
順調に回復してきた。
25歳男子の友達を会社に紹介し
入社させ、
その手前、自分がさっさと退職するのも
なんか自分のポリシーにも
外れるようで、
仕事を(どうするのがベスト)なのか、
暗中模索で
「仕事」の事ばかり考え
なんか 悶々と日々を
過ごしている。
今年いっぱいは現社長がおり
日々は多分そんなに、変わらず
月曜日からまたあたしの仕事場は他課へ
替わるはずだが、、
大変な「変革」を内在したまま
表向き日常的な作業に追われ
平穏を装おって 日々が流れて行くのだろう。
ふ〜ん
40歳代の社員たちは、
もっと不安だろうな、、
半年後に、会社が
どうなっているのか、
見届けることにした自分が、
幸なのか不幸なのか
今のところ
さっぱり予測出来ない。
会社が、今「赤字」なのは
否めない「事実」で
全社あげて、赤字解消に取り組む時期に
経営トップが ズンズン
居なくなって行く。

こんな会社は
有り得るのだろうか、、
Commented by timata-sn at 2018-07-01 19:32
rin0122usaさん こんばんは
今日も良いお天気でした、暑かったですよ。

部外者から見て、ちょっと変わった感じの会社の様に思いますね。
赤字経営で先行きの見通しが立たないなら、期限を付けて閉鎖とか
そして本社への移動とか、それなりの事、会社の状況を皆に話して
協力を得るとか、社長はその為に存在すると思いますが、こんな
状態で働いていては、現役の方たちは不安でたまらないでしょうね。

関係ない事ですが、私も定年の2年前に工場を閉鎖されて、浜松へ
転勤して定年を迎えました。
私の場合は浜松で2年間はお荷物でも、良くして戴いたので行って
良かったと、最後にお礼の挨拶をして帰って来ました。
Commented by rin0122usa at 2018-07-05 18:08
timata-sn
雨です。
変わった会社ですよね❗
社長が、今年いっぱい、何気にいるのか、
6月に何で、常務と次期社長が辞めたのか、
さっぱり解らず、、
社員だけが残されます。
今の会社の土地、建物、機械は すでに親会社のものと なっています。親会社と言えども 会社は別会社で、うちの会社の土地、建物、機械を親会社が所有している事情だけで、さらに赤字を出すことはできないという事情だけで、現状維持の体裁なのでしょうか、
社員だけが 置いてけぼりを食らっている状態なように感じます。中堅社員は、誰も辞めるわけでもなく、今の社員の中から社長を出来る人も居なく、誠に宙ぶらりんで、、現状を安易に捉えているとしか思えない状態です。
どうなって行くのだろうか、ほんまに、「霧の中」です。
by rin0122usa | 2018-07-01 10:46 | Comments(2)